ABOUT

坩堝(RUTSUBO)とは? 種々さまざまなものが混ざっている状態を表す言葉「るつぼ」。 多民族が混在するNew York Cityを「人種の坩堝」と形容した事により誕生した言葉である。 ブランド名にした「坩堝」(RUTSUBO)には、世界中に存在するブランド、作家、 概念、文化などが混ぜあう場所を表現する意味があります。 つまり、壺の中で多ジャンルがミックスされ商品となります。 特定のジャンルに特化することはなく、私たちが育ったストリートカルチャーをベースに大人が楽しめる他にない商品づくりをしています。 毎シーズンアーティストプロダクトを企画して、作家とともに商品を作っていきます。 それらは、衣類だけではなく、陶器、インテリア家具、日常雑貨、スケートボードなどジャンルレスです。 「日本のモノづくりを世界へ」がRUTSUBOのテーマです。 What is “RUTSUBO”? Rutsubo (melting pot) refers to a circumstance which diversity of things are mixed up. This word had come up when we described New York City as “melting pot of races”. This brand name “RUTSUBO” refers to the place that brands, artists, concepts and cultures all over the world are mixed up. Many kinds of things are mixed up in a pot to create products. Not specializing specific direction, We create enjoyable items for grown-ups based on the culture we’ve been raised. In every season, we plan artists’ products, and produce the items with them. Those are borderless such as not only apparel, but also ceramics, furniture, sundries and skateboard. We set the theme of RUTSUBO as “Japanese craftsmanship to the world”. ■instaglam @rutsuboart